文書資料を電子化するメリット|便利な情報関連サービス

様々な原因に迅速対応

男の人

データ復旧サービスでは衝撃や破損などの物理的な原因だけでなく、ソフトウェア的な要因で発生した不具合にも対応しているので、重要な社内のデータを迅速に復旧させることが可能となっています。

View Detail

webサイト構築のシステム

男性

自社のコーポレートサイトを制作したいがwebサイトの知識を持つスタッフが不在という場面は多くあります。そのような場合はweb上のサーバーで動作するwordpressというシステムを使って質の高いサイトを簡単に作成するのが最適です。

View Detail

社外との情報通信システム

システム

パソコンが業務によく使われるようになった現代では社外の相手とデータ送信をする機会が非常に多くなっています。データ送信を円滑に行いたい場合はオンラインストレージやシステムを導入するのが効果的です。

View Detail

良質な業者への依頼

パソコンを操作する人

デスクワークの業務が長期間続いているとデスク周りが紙媒体の資料で乱雑になってしまうことがあります。資料が散乱していると、重要な情報を紛失させてしまったり情報漏洩へと繋がってしまったりする可能性もあるのです。このような問題を解決する手段の1つとして効果的なのが文書の電子化です。会社に設置されている複合型のプリンタなどを活用すれば、紙媒体の情報をデジタルデータへと変換することができるのです。電子化されたデジタルデータはスペースを占有することなく、管理もしやすいのでデスク周りを綺麗に整理整頓することが可能となります。また、分かりやすくリネームを行なうことで社内の他の人が資料を探す際に有効活用できるのです。ですが、会社の複合プリンタに搭載されているスキャナーを長時間使用するのは現実的とはいえません。
このような場合に有効活用できるのが、文書の電子化を外部委託できるサービスなのです。社内で実施すれば膨大な時間が掛かる電子化の作業も専門業者であれば約2週間以内という短い期間で完了します。普通にスキャン作業をするだけでなく、利用者が読みやすいフォーマットを意識して作業を進めてくれるので、ビジネスの場面でも有効活用できる資料が手に入るのです。また、スキャンに対応漏れが無いかのチェックや、スキャン対象となった紙媒体のファイリングまで実施してくれるので、非常に便利だといえるでしょう。このようなサービスを提供している業者は数多く存在しますが、委託先に迷った場合はネットの利用ランキングなどを活用するのが効果的です。ランキング内でも1位をキープしている企業は、プライバシーマークの取得に加えて、上級文書情報管理士の資格を持った人が複数人在籍しているので、信頼できるといえるでしょう。